匠集団による技術と、最新の設備環境がコラボレートして生まれる、唯一無二の最適製品を提供します。

60年もの間培った匠の技術と技能、徹底的な管理体制に基づいた工場環境、あらゆるニーズに応える高精度マシンの数々。これらの力を集結し、3µ以下という超高精度を実現。私たちは時代の先を見据えた顧客ニーズに、常にお応えし続けています。

部品事業部の強み

顧客ニーズの追求

70台以上もの工作機器と、蓄積したノウハウや豊かな経験をいかして、あらゆる顧客ニーズに対応。一般部品から超高精度部品まで、幅広い顧客ニーズにお応えします。半導体の部品加工で培った精密ラップ加工では、1µm以下のサブミクロンレベルの平面度も実現しています。

技術を極める匠集団

加工技術を極めた匠集団によるものづくりにより、当社が誇る超高精度部品が生まれます。国家技能検定取得者90%以上の技術・技能士集団が、多種多様な顧客ニーズに対応。さらなる技術向上を目指して、先端加工技術の習得と技術・技能の伝承にも注力しています。

最新の設計
生産管理システム

3D CAD・CAMシステムにより、多種多様なものづくりをサポート。またスピーディーな情報展開と共有を可能にするWANを採用し、工程設計や材料手配などの同時進行手法を確立しています。オーダーメイド品ながらも画期的な短納期を実現し、大きな評価を得ています。

部品事業部の魅力

超高精度を実現する工場環境

恒温・恒湿の綿密なコントロールにより、品質の安定と検査制度の向上を実現。計測機器はカールツァイス製の三次元測定機をはじめ、充実の高精度設備を誇ります。
工場内を20℃±1℃、湿度65%にコントロールし品質の安定を図り、さらに検査室は20℃±0.5℃、湿度65%±2%の環境下で精度の高い品質保証を実現します。この環境は、高精密な加工や測定を可能にしています。恒温・恒湿管理、充実の計測機器群、高精度なマシン群の三位一体で、超高精度なものづくりを行います。

高性能と高品質を保証する体制

多種多様な高精度マシン群

高精度部品を迅速に加工する高速マシニングや最新の 5 軸加工機、大型加工機などを保有し、高精度や大型加工など幅広いニーズに対応します。
大型加工は、最大2900mm(W)×6000mm(D)×1500mm(H)のサイズまでが可能。精密ラップ加工など、半導体メーカーとの取引で培った技術を基に、信頼される製品を提供しています。鉄鋼、アルミ、ステンレスはもちろんのこと、Ti-64AI-4V材、インバー材(低熱膨張張材)、インコネル718材、SUS329材などの難削材の加工も可能です。

これからの部品事業

部品事業部が目指すもの

60 年間引き継がれる技術の伝承と若い世代の人財育成に注力し、さらなる高精度部品へのチャレンジや新分野の開拓を積極的に行います。
究極を誇る加工技術の伝承と、さらなるプロ集団の育成に向けて、最先端の加工技術の習得機会を積極的に設け、最新設備の導入も随時行っています。技術力の向上のために、現在以上の難削材加工や高精度部品加工にチャレンジし、新分野の開拓に向けた取り組みを行います。扶桑工機の財産である「人の力が有する可能性」を最大限に発揮できる工場づくりと技術の伝承を実現していきます。