会社概要

商 号 扶桑工機 株式会社
創 立 1953年(昭和28年)6月1日
資本金 3,000万円
代表取締役社長 服部 岳
従業員 全社/370名
〈本社・本社工場:235名・東員工場:65名・北勢工場:70名〉
事業内容 各種自動化対応設備の設計製作(自動車部品及び電気・電子部品関連)、
計測解析機器の設計製作、モールド及びプレス金型、精密部品加工
主な納入先 (株)デンソー、トヨタ自動車(株)、本田技研工業(株)、(株)東芝、パナソニック(株)、(株)ニコン、
(株)東京精密、(株)神戸製鋼所、三菱重工業(株)
事業所
本社・本社工場
〒511-8558
三重県桑名市大字増田500
TEL 0594-24-5050(代)
FAX 0594-21-9394
東員工場
〒511-0253
三重県員弁郡東員町大字筑紫字東川原36
TEL 0594-76-0661(代)
FAX 0594-76-0668
第二東員工場
〒511-0242
三重県員弁郡東員町六把野新田1110
TEL 0594-86-0001(代)
FAX 0594-86-0022
北勢工場
〒511-0425
三重県いなべ市北勢町大辻新田237
TEL 0594-72-6111(代)
FAX 0594-72-6115
海外拠点
中国 天津扶桑精密机械有限公司(天津市東麗経済開発区)
北米 FUSO U.S.A., INC.(Lexington, KY)
インドネシア PT. FUSO MACHINE WORKS INDONESIA(Bekasi Jababeka)

沿革

1953年 桑名市外堀にて会社創立
1956年 当社専用機第1号ファインボーリングマシン完成
1957年 専用機、精密金型の製作開始
1961年 現在地に移転
1963年 日本電装(株)と取引開始
1968年 トヨタ自動車工業(株)と取引開始
資本金1,000万円に増資
1975年 本田技研工業(株)と取引開始
1976年 モールド成形精密金型の設計製作を開始
1981年 国際金属加工機展にNCセンタリングマシンを出展
1982年 ソニー稲沢(株)と取引開始
部品加工専門工場を員弁郡北勢町に完成(北勢工場)
1986年 東京国際見本市(インターネプコン)展にプリント基板の異形部品実装機を出展
1987年 金型CAD導入
1988年 富士機械製造(株)と取引開始
専用機CAD導入
1989年 資本金3,000万円に増資
1991年 金型工場(D.D.F)を員弁郡東員町に完成(東員工場)
1992年 本社・本社工場新装
(1993年 第6回日経中部ブロックニューオフィス奨励賞を受賞)
1996年 本社・本社工場LANシステム完成
グループウェア(ノーツ)導入
1997年 北勢工場にCAD/CAMシステム導入
全社ネットワーク(WAN)完成
1998年 テクノピア名古屋、実装プロセステクノロジー展にプリント基板の新型異形部品実装機を出展
1999年 品質マネジメントシステム国際規格「ISO9001」の認証取得
2000年 (株)ニコンと取引開始
(株)東京精密と取引開始
環境マネジメントシステム国際規格「ISO14001」の認証取得
2001年 北勢工場に精密部品加工工場を増設
2003年 中国に天津扶桑精密机械有限公司設立
北米にFUSO U.S.A., INC.設立
2004年 労働安全衛生マネジメントシステム「OSHMS」の認証取得
2005年 東員工場に大型金型製作工場を増設
2008年 専用機組立工場を員弁郡東員町に完成(第二東員工場)
2014年 航空宇宙品質マネジメントシステム「JIS Q 9100」の認証取得(北勢工場の航空機部品関連)
2015年 インドネシアにPT. FUSO MACHINE WORKS INDONESIA設立
第二東員工場に専用機組立工場を増設